日本産業技術教育学会とは?

学会紹介

1.日本産業技術教育学会とは?
一般社団法人 日本産業技術教育学会は、技術教育に関する研究を行い、その振興普及および会員相互の連絡を図り、もって技術教育の発展に寄与することを目的とした学会です。技術教育に関して国内唯一の日本学術会議協力学術研究団体でもあります。
本学会は,1958年6月17日に創設され,2021年段階で60年以上の歴史を持っています。学会設立当初は中学校を主体とした職業教育志向を伴っておりましたが,現在では小学校でのものづくり教育や情報教育,中学校でのものづくりと情報を含む技術教育,高等学校での共通教科情報の情報教育や専門学科・総合学科でのものづくり教育や情報教育まで幅広い研究領域に広がっております。2018年には,任意団体から現在の社団法人へと移行しました。
学会の主な活動として,以下のような活動があります。対応するWebサイトもありますので,ぜひご覧ください。学会全体のWebサイトと共に,Facebookでも情報発信をしております。
・学会誌の発行(年4回),全国大会の開催(年1回)
・技術科教員指導能力認定試験の実施
・エネルギー利用技術作品コンテストの開催
・大学生版発明・工夫作品コンテストの開催
・技術教育の内容に応じた各分科会の活動
・若手の会の活動など
学会のWebサイト 学会の詳細や情報はこちらから

学会のFacebookページ 学会の各種情報をSNSから発信中

技術科指導能力認定試験 技術科の教員を目指す方にお勧め。オンラインテストも実施中

大学生版発明・工夫作品コンテスト 大学生による技術・情報教育に関する教材アイデアが多数紹介

2.本学会入会のメリット
本学会に入会いただくと,以下のようなメリットがあります。技術・情報教育にご関心をお持ちの皆様のご入会をお待ちしております。

年間4回発行される学会誌研究論文を投稿できます。
・過去の学会誌をPDF形式にて全て無料で入手できます。
全国大会や分科会等で研究発表できるとともに,参加費の会員割引が設定されます。
・本書をはじめ,今後オンデマンドで出版する書籍を,PDF形式にて無料で入手できます。
若手の会のFacebookグループなどで,会員の情報共有や交流ができます。
・技術教育に関する様々な研究活動に参画できます。
入会の詳細,お問い合わせ,手続きは下記よりお待ちしております。
入会・会員情報

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP